握手を求めるスーツの男性

これは主に、日中、株の動きを張り付いて取引をしているデイトレードと呼ばれる取引方法をしている人に言えることですが、一瞬の判断誤りで株は大儲けもするし、大損もします。
その株の取引きの多さを示す指数として出来高というものがあります。
この出来高の数字が多ければ多いほど、その銘柄の取引がたくさん行われたということになります。
出来高の高い銘柄は、非常に値動きが激しいのが特徴です。
それだけ多くの人が注文をし、売買されているからです。

例えば、ニュース速報でどこかの企業が特許を取ったとします。
そうすると、その企業の株価はうなぎのぼりに高騰します。
もちろん、出来高の数字も非常に多くなり、値動きを示す表示もめまぐるしく変わっていきます。

よく初心者の人がこの出来高の高い銘柄に手を出して失敗するという例があります。
大体、人気が集中して、すぐにストップ高になって、買おうと思っても買えなくなってしまうのですが、この買えない状態で買付額をどんどん上げていってしまうと大きな損をすることがあります。
人気があるから買いたい、しかも特許を取ったのであればこれからその企業は大儲けをするであろうから、多少高くてもその銘柄をどうしても手に入れたいと思う気持ちが強くなり、多少高いと感じていても買い付けをしたくなるからです。

しかし、投資家のプロたちはそこを逆読みしています。
高くなった銘柄には手を出さず、空売りといって、その銘柄を持ってないのに、証券会社から借りて売りに出すのです。
つまり、普通に高いお金を出して買う投資家に、持っていない株を売るのです。
そして、これ以上値が上がらないと思ったときにその銘柄を買い戻す動きをします。

これはどういう仕組みかというと、本来100円くらいの価値しかない銘柄が700円まで上がっていたとします。
ふつうに買いたい人は、この銘柄に700円投資して買い付けを行います。
しかし、空売りは、700円借りてそれを売りに出すのです。
そして、その銘柄が200円くらいになったときに、買い戻すのです。
先に売上700円を出して、あとから200円のものを仕入れるので、収益は500円となります。

こういったプロが値を操作していることもしばしばあります。
値が上がりすぎているなと思ったら、売りを減らしてもう買えないようにするからです。
そして結果として700円で買った人は、その後売り切れずに、200円になった銘柄を持っていると純粋に500円損することになります。
このように、注意しなければ、一瞬にして大金を失うこともあるのです。

記事一覧

日本の企業アキレスは、株式公開を行っている会社で、投資先の一つに加えられます。 投資を行う際、気にな...

情報をあらわしたグラフ

アコーディアはゴルフ場の運営や管理を行っている会社です。 大株主として村上ファンド系がいることでも有...

お札を持っている手

株式投資に関連した内容を考えていけば、一儲けできる可能性がどれくらいあるかがはっきり見えてきます。 ...

為替情報

株式投資で資金ショートしてしまったという例は少なくはありません。 株価10000円であったにもかかわ...

会議中の人達

株については、買うタイミングよりも売るタイミングのほうが重要と良くいわれます。 買うタイミングについ...