• ホーム
  • 株は1万円を0円に変えてしまうこともあり得る

株は1万円を0円に変えてしまうこともあり得る

為替情報

株式投資で資金ショートしてしまったという例は少なくはありません。
株価10000円であったにもかかわらず無価値になってしまうことがあり、万が一100株買っておれば、100万円の損失となります。
なぜこのようなこととなるのかと言えば、上場廃止となるとその銘柄は市場で売却できなくなります。
業績不振で倒産や廃業を目前とすると価格は下落を繰り返し、最終的に上場廃止となるでしょう。
財務力が健全で筆頭株主に金融機関や大手企業が付いているのであれば、仮に価格が下落したとしてもそれは何らかのファンダメンタル要因であり、再び価格が上昇する期待もあるでしょう。

しかしながら、業績不振で市場競争力が低い企業で財務が安定していなければ、その銘柄に期待はできません。
価格が急上昇し、急降下する銘柄の特徴として新興市場に上場する銘柄が多く、ジャスダック銘柄や東証マザーズ銘柄などに多く見られます。
発行株数が少なく、価格が低位である場合、仕手筋ターゲットとなる可能性があり、万が一仕手筋ターゲットとなった場合、一気に価格を上げて上がりきると急降下します。
これは、大手ヘッジファンドや資金が豊富なデイトレーダーによる仕掛けで、そこに群がった個人投資家の資金を吸い取ります。

また、新規公開を目論む新興企業が上場するタイミングでIPO銘柄(新規公開銘柄)の人気が高まることがあります。
新規公開銘柄は寄り付きで高値を付けて価格が上昇し、その後売りが集中して価格が一気に下落する傾向が見られます。
上場する企業は、上場の際の資金調達を投資家に頼り、証券会社を介してIPOにて資金を集めます。
上場後は市場での取引が行われ、投資家は常に変動します。

しかし、初期で投資した投資家は上場後早い段階で利益確定をし、投下資金の回収と利益回収を行います。
買い単価を割り込むと含み損となりますが、上場すぐの企業は過去の決算情報が無いため、今後の価格動向に不安があり、また小型上場の場合、そのまま価格は右肩下がりとなり上場廃止や廃業という企業も少なくはありません。
市場では上場銘柄の売買が行われ、売りと買いとが合致して成立し、高値掴みをした人の損失分、大きな儲けを掴む人が必ずいます。

また、価格が下落するときに空売りをかけるプロの投資家が下落する銘柄の拍車をかける場合があり、すべて高値掴みをした人から資金を吸い取っています。
資金ショートをさせないためにも、購入銘柄の選択は非常に重要です。

関連記事