• ホーム
  • 株は買うタイミングよりも売るタイミングが重要

株は買うタイミングよりも売るタイミングが重要

会議中の人達

株については、買うタイミングよりも売るタイミングのほうが重要と良くいわれます。
買うタイミングについては、実は自分が思ったときが買い時であることが多いのです。
しかし、売るときに関してはそうではありません。
人間というのはなかなか欲深いというか、自分が正しいと思い込むというか、とにかくやっかいな生き物なのです。

例えば買ったときよりも値上がりしたとします。
ある程度の利益が出ればそれで満足して売却しても良いのに、これだけ上がったのだからもっと上がるはずだというように、自分に都合よく、欲深く解釈してしまいがちです。
そのような経験に思い当たる人も多いのではないでしょうか。
そうこうしているうちに株価は冴えない動きを見せるようになります。
これでもまだ利益が出ているのなら売却のタイミングはいくらでもあるはずなのです。

ところが、高値を付けたというその事実、そのポイントだけに目が行ってしまうのです。
これだけ高値を付けたことがあるのだからそこまではすぐに戻すはずだろうというような、勝手な思い込みです。
そして、手をこまねいている間に株価は買ったときの数字に逆戻りしてしまい、あのとき売っていればこれだけ儲かったのにと思ってしまうものなのです。

これは株価が下がったときにも似たようなことが当てはまります。
きっぱりと損切りをしてその資金を次の投資に回したほうがよほど建設的ということはよくあるのですが、これまた人間はかなり優柔不断です。
自分の判断が間違っていたことが明確に確定する損切りという手順を、粛々とこなせる人はなかなかいないのが現実です。

これは、人間というものを考えればむしろ当たり前なのです。
自分が間違っていたことなど、誰が進んで認めたがるでしょうか。

ということで、株を売るにあたっては、買うよりも難しいのです。
上の話で分かるように、売る際は買ったときの値段しかり、その後の値動きしかり、過去の情報、過去の自分の判断がベースとなってしまい、それに惑わされやすいからです。
その点、買うときには少なくともそれ以前の自分の判断というものはありませんから、惑わされることがないのです。

そこで、教訓というか、考え方のコツをひとつ紹介しましょう。
過去の自分の判断を、無理にでも脇によけてみるのです。
その銘柄の、その企業の現在と将来だけを考えてみましょう。
過去はともかく、将来業績が上向きそうと判断するのであればとにかく買いです。
将来が下向きと考えるならとにかく売りということです。

関連記事